Tuesday, June 29, 2004

料理修行のUP TO DATE (11)

パーソナルシェフになりたい!

と思ったとこまではよかったが、いったいどうすりゃいいのか。という具体的な方法については皆目わからない。ま、こっちに来てから、何度かパーティも主催したし、知り合いや友達のパーティには数知れず参加しているんだけど、パーソナルシェフがいた事って、、、あったっけ?

そんな時。間もなく12月になろうとするある日のことだった。恒例のバザーのお誘いのカードが送られてきた。これは友人のひとりが、何人かの友人とグループで、毎年行っているチャリティバザーで、メンバーの誰かの家を会場にして、出展者を募り、その収益の一部が地域の恵まれない子供たちや、その家族に寄付されるイベント。手作りのジュエリーとか、キルティングのブランケット、季節柄、クリスマスツリーのオーナメントなんかもある。アメリカでは個人レベルでのこういったチャリティバザーなるものがこの季節非常に多い。私も去年初めて参加し、ハーブの手作り石鹸とバスソルトを買ったのだった。

ふーん。今年はどうしようかなぁ。と返事をしないまま、2、3日が過ぎた頃、主催者のひとりであるKim から電話があった。

「ごめん。返事してなくて。」と謝る私の言葉を最後まで聞かず、Kimは畳み込むようにこう言ったのだった。

「料理作ってもらうことにしたから」

「へ?」

この友人、普段からせっかちでいつも足が(漫画的に言うと)くるくる回っているような忙しい人なんだけど、この時もやっぱり前後の話なし。単刀直入でいきなり結論。聞いてる私は???。の状態なのだった。

アクセルぶっちぎりで爆走しようとするKim の話の腰を折り、とにかく聞いてみたところによれば、そのバザーにやってきてくれるお客さんたちがつまめるスナックを用意しなくちゃいけないんだけど、毎年チップスとかクラッカーとか買ってきたもので間に合わせちゃってて、ちょっとつまんない。で、料理学校出たSienaで見習いやってる友達がいるよ(私のことです)!って話になって、で、そりゃいい!ぜひ彼女に(私のことです)お願いしましょー。という話になって。

「あ、もう引き受けてきちゃったのよ。だめだった?」

途中から突っ込みなしで黙?って聞いてる私の沈黙にようやく気づいたのか、Kim ったらやっと疑問符のついた文章を投げかけてくれた。

「いや、ダメじゃないんだけど。」 と、私。

ダメじゃないけど。

そう。私はひらめいちゃったのだった♪ (^_^)v

0 Comments:

Post a Comment

<< Home