Tuesday, April 27, 2004

料理修行のUP TO DATE (7)

ロブスターを使ったビスク、あさりを使ったクラムチャウダー。。。だめだ。どれもコストがかかりすぎ。

いつもの食材で新しさを出すには食感を変えるしかない。ソテーでもグリルでもなく、、そうだ!ポテトに衣をつけて軽くローストしてみたらどうだろう?最初に口の中にはいってときに今までにないクリスピーな感じがでておもしろいかもしれない。

スープは、、と。ポテトのしっかりした感じを演出できるのはやっぱりクリームがいい。けど、いつもと同じじゃないクリームスープって何かできないだろうか?

ふと野菜棚から目を上げて、ソースの棚を見ると昨日作ったばかりの大量のトマトソースのストックの瓶が目に入った。

これだ!

野菜はポテトの他に玉葱、彩りを考えて、グリーンアスパラと、イエロースクワッシュ、赤のベルペッパー、残りのパンチェッタ。それにクリーム系には相性ばっちりのマッシュルームを入れることにした。

賽の目に切り、オイルと小麦粉をまぶしたポテトをBake pan に並べオーブンにぶちこむ。その間に他の野菜を同じく小さめのさいころ型に切り、軽くソテーしておく。別鍋でバターと小麦粉、ミルク、ナツメグでベチャメルソース(ホワイトソース)を作りソテーした野菜を加えて煮込む。

ここまででクリームスープとしてはほぼ完成。なんだけど。

さっき棚にずらりと並んだトマトソースを見て、ずっと前にどこかで読んだ記事が頭の中をよぎったのである。その名も「ピンクのクラムチャウダー」

細かいことは全然覚えていない。けど、クリームスープにトマトソースを合わせたら、、きれいなピンク色になるんじゃなかろうか。パスタだってトマトクリームソースってのがあるわけだし、味としては多分いけるはずだ。とはいうものの正真正銘初の試みである。まずは実験。小さな鍋に出来上がったクリームスープ一人前を取り、少量のチキンブロスと合わせたトマトソースを入れてみた。

クリームの白にトマトの赤が混ざり鮮やかなピンク色のスープになった。

おそるおそる味をみる。。。。大丈夫だ。それぞれの野菜の味はちゃんと生きてる。スープもクリームのしつこさがトマトの酸味で見事に軽減されている。

仕上げにもうひとつ。さっきローストしたカリカリポテトを出す直前にスープにくぐらせて出来上がりだ。

一人前をカップに入れる。最後の難関、Phillのテイスティングである。(続く)

0 Comments:

Post a Comment

<< Home